トランプ(アメリカ)大統領専用車両ビーストの価格(値段)や装備が色々とヤバイ!

こんにちは のんびりーです。

 

トランプ(アメリカ)大統領の専用車両

ビースト(別名:キャデラック・ワン)

が超カッコいいですよね。

 

この車両は、

日本に空輸されて到着しますが、

装備・値段・内容・ナンバープレート

は一体どのようなって

いるのでしょうか。

 

グレードが高すぎて

なんだか、ワクワクしますね!

早速、調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク


「ビースト」の名前の由来は?

アメリカ大統領の専用車両「ビースト」

まず、名前がいいですね~(^-^)

 

別名は「キャデラック・ワン」

というそうです。

 

出典 大統領専用車Wikipedia

 

アメリカでは、

大統領の移動手段のことを

飛行機  エアフォース・ワン

専用車  キャデラック・ワン

と呼んでいます。

 

そして、

オバマ前大統領が愛用していた車を

「キャデラック・ワン」

 

トランプ大統領が使っている車を

「ビースト」

 

と区別して呼んでことも多いみたいです。

どちらも同じ車なんですけどね・・w

 

装備がヤバそう!!

 

アメリカ大統領は、

銃撃で暗殺されている経緯も

あるため、装備にはかなりの

配慮がなされています。

 

防弾ガラスや装甲板などの

防護機能もかなり凄いはず!

スポンサーリンク


価格(値段は)もスゴかった!!

 

この車両の私の予想価格は

7000万円!とみたっ

 

と・・・・

調べて見て、驚愕・・(;”∀”)

 

一台 1億6000万~7000万

 

これをシークレットサービス社が

監視付きでがっちりと管理しています。

 

それも 同じ車を12台も所有!

 

これって、どうしでしょうね?

 

1台だけだと、

公務の際に「大統領が乗ってます!」

とあからさまにわかってしまい、

標的にされてしまうので、

同じ車両を何台も併走させるのです。

出典 アメリカ大統領専用車Wikipedia

 

また、他の国から公人がいらした

時の護衛車としても稼働するそうです。

 

ということで、

1億6千万円×12台19億2千万円以上

 

さすが、アメリカ合衆国! マネーの国!

 

 

装備もやっぱりすごかった!

 

大統領車両の定員は7名。

 

現在の車両は、オバマ前大統領が就任

した際に就役したものです。

 

全長 5,5メートル

(180㎝の身長の人が横に3人寝た

位の長さなんですね・・長っ)

 

前長 1,8メートル

(身長180センチの人と高さかっ)

 

重量 8トン

(特大ゾウと同じ重量)

 

聞いたところによると

この専用車両ビーストのドアが

かなり厚くて有名みたいですね。

 

私なりに

内装や装備について調べて見ました!

 

<ドア>

①軍事レベルの「装甲板」で

車両が完全に覆われている!

 

②近くで爆発しようが

ロケット弾が当たっても

壊れない程の強度!

 

③その厚さ、20㎝以上!

 

<防弾ガラス>

①防弾ガラスは、厚さ12㎝以上

 

②しかし、厚さがありすぎて、

自然光が車内に入らないため

天上に蛍光照明装置を備えている。

 

<タイヤ>

銃弾を受けて、

パンクしても100㎞は

走れるぐらい強い

ランフラットタイヤ!

 

<気密性>

化学兵器の攻撃で

ガスを吸わないように、

内装もかなりの完全密閉性!

(酸素たりるのかな・・)

 

ナンバープレ―トはどうなるの?

 

大統領の専用車は、下記の写真の

ように飛行機にて空輸されます。

出典 大統領専用車Wikipedia

 

でも、海外のナンバープレートって

日本で使えるのか知りたいですよね?

 

実は、日本では、

トランプ大統領が乗ろうとも、

そのままのナンバーの使用は

禁止されているそうです。

 

ですから、日本の外交官ナンバーに

付け替えることとなっています。

(めんどくせーって言われそうw)

 

また、外務省の方針により

任意保険に加入しないと

外交官ナンバーを取得できない

なとの制限もあるようです。

(ジャパン!最高にめんどくせーw)

 

でも、安心安全の日本ですから

万が一に備え

ルールは整備されているんですね。

 

どのレベルの保険額の

保険に加入しているのか

調べてみたいものです。。w

 

ー関連記事ー

トランプ大統領への手土産金箔ボールペンの購入先や値段(価格)を調査!

 

まとめ

アメリカ合衆国大統領の

専用車両ビーストについて

色々と調べてみましたが、

 

調べれば調べるほど、

すごい車両でしたね~。

 

それだけの金額を投資しても

大統領や首相は 

守らなければならない

公人なんですよね・・ ( ˘ω˘ )

 

いつも狙われていますから、

SPも仕事も命がけです!( ˘ω˘ )

 

 

本日も最後までご覧いただきまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です