伊藤遼哉選手の出身高校や大学は?国籍は日本?父親や彼女が気になる!

こんにちは のんびりーです。

U-17 日本代表攻撃的なMF

伊藤遼哉選手に注目が集まっています。

東京五輪も期待されますよね。

 

小さな頃から英才教育を受けて

シドニースイスに移住していたので、

英語が堪能で、ずば抜けた身体能力です。

国籍はどこなのかも気になります。

 

2017年12月に佐賀県の「サガン鳥栖」

への新加入が決定し、日本国内での活躍が

期待されています。

どんな選手なのか調べてみましょう。

 

プロフィール

氏 名  伊藤 遼哉

ふりがな いとう りょうや

生年月日 1998年5月2日

年 齢  19歳

身 長  180㎝

体 重  70㎏

出身地  東京都

所 属  サガン鳥栖

出典 Wikipedia

 

 出典 https://www.instagram.com/p/BFPh1PTvC5H/?tagged=伊藤遼哉

伊藤遼哉選手の経歴は?

女性ファンが泣いて喜びそうな

伊藤選手のサガン鳥栖への移籍!

 

逆輸入Jリーガーってな感じですね。

 

サガン鳥栖もよく伊藤選手を

獲得されましたよね!素晴らしいっ!!

 

佐賀県としても、

「S・A・G・A さがっ♪」

のはなわさん以来のブームに

期待しているんじゃないかーw

 

 出典https://twitter.com/saganofficial17

 

伊藤選手は、幼稚園時代からサッカー

を始めたそうです。

 

まあ、幼稚園というとサッカーというか

「ボール蹴り」レベルですねw

 

父親の仕事の関係で、

7歳~12歳、小学校時代のほとんどを

オーストラリア・シドニーで過ごしました。

 

父親は、桐朋中学校サッカー部

東京選抜にも選出された選手ですので、

 

少なからず影響を受けてサッカーを

始めたんでしょうね。

 

2010年には、マッタンホルンの

景色が最高に素晴らしいスイスに移住し、

 

FCチューリッヒ

グラスホッパー・クラブ・チューリッヒ

ユースチームで活躍しています。

 

スイスの料理と景色と自然の素晴らしさには

感銘をうけますよ~。

夜9時ぐらいまで外が明るいですからね~。

 

その後、ドイツの

バイエルン・ミュンヘン の下部組織

に入団をしました。

 

2014年  シャルケ04 U-17

2016年  フォルトゥナ・デュセルドルフ

2017年  サガン鳥栖(とす)

 

色々と移籍しているんですね・・。

でも、ベースはドイツとスイスみたいです。

 

サッカーにそんなに詳しくないので、

チームのレベルが分からない(;”∀”)

 

とにかく、海外を色々とまわっていて

力をつけて、日本に戻ってきた!

という解釈でいいですよね(^o^)/

 

国籍はどこ?

ネット上では国籍がどうなっているのか

心配している声がありますが、

伊藤選手の国籍は日本です。

 

安心してくださいっ w

国籍が日本なので、日本代表にも選ばれ

ていますので(^-^)

 

伊藤選手は、

パンチ力あるミドルシュートが得意です!

 

また、観客を沸かせてくれるような

ドリブル突破力の持ち主なんです!(^^)!

 

内田篤人選手とも交流があるようですね。

高校や大学はどこ?

高校時代は、海外で過ごしていたので、

残念ながら高校名は判明していません。

 

大学については、サッカー選手として

練習に専念してたので、おそらく進学は

していないものと思われます。

 

代表大会出場歴は?

Uー16 (2014年8月)チェコ遠征

第11回デッレナツィオーニトーナメント

 

Uー17(2015年4月)イタリア遠征

第22回バツラフ・イェジェク

国際ユーストーナメント

 

に出場を果たしています。

また、試合出てくれないかな・・♡

 

彼女はいる?

伊藤選手の彼女が日本人なのか、それとも

海外の女性なのか?

 

まずそのあたりの「伊藤選手のタイプ」

が妙に気になりますよね。

 

もし、ガールフレンドがいたとしても

海外での生活がほとんどですから、

文春砲に突撃されることもなく

安心してお付き合いもできたでしょう

( ˘ω˘ )

 

まだ、19歳ですので、チームに馴染んだ

頃に先輩たちが彼女紹介してくれますよ☆

 

まとめ

19歳の逆輸入Jリーガーってなんか

カッコいいですよね。

 

東京オリンピックの年に十分活躍

が期待される選手に育成されそうですね。

 

サガン鳥栖でのプレーもどんな仕上がりに

なるのかチームプレーが楽しみです!

 

本日も最後までご覧いただきまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です