登坂淳一の出身高校や大学は?結婚した妻や子供は?NHK退社理由を調査!

こんにちは のんびりーです。

公家風の雰囲気で「NHKの麿」として

人気のある登坂淳一アナウンサー

3月末でNHKを退社し、

フジテレビへの起用が内定したということ

ですが、退社理由は何なのでしょうか?

 

登坂さんは、若いのに白髪ということで

なぜ白髪のままなのか?も話題になって

いました。

 

ご結婚をされているようですが、

家庭内で妻は子供とはうまくいって

なかったのでしょうか。

40代なのに、白髪をそのままにしている

理由が個人的にはすごく謎ですw

早速、調査していきたいと思います。

 

スポンサーリンク


プロフィール

氏 名  登坂淳一(とさかじゅんいち)

生年月日 1971年6月10日

年 齢  45歳

出身地  東京都

職 業  NHKアナウンサー

趣 味  カーリング・読書・舞台鑑賞

出 典  Wikipedia

 

まろ。 #まれ #maro #登坂淳一 #トッサン #マッサン #NHK

@ matchi_enjooyがシェアした投稿 –

出身高校や大学はどこ?

登坂アナウンサーの出身は東京です。

京風な公家の雰囲気をいつも漂わせて

いるので、京都出身じゃないかと間違えて

しまいそうです。

 

そして、NHKに入社ということで、

頭脳明晰な感じします

 

出身高校は

東京都の私立保善高等学校とのことです。

新宿区大久保にある高校ですよね。

 

大学は法政大学をご卒業されており、

1997年よりNHKに入社しています。

 

NHKでの経歴は?

NHKニュースでは、いつも安定感のある

アナウンスをされており、世代を超えて

人気のあるアナウンサーの一人です。

 

現在は、鹿児島放送局に赴任中とのことですが、

以前に鹿児島放送局にいた友人が、

とてもいい職場だったと言ってましたので、

職場環境が悪くて、NHKを退社されたのでは

ないと思われます。

 

でも、鹿児島県は最近とにかく地震が発生し

噴火などの影響も多く受けやすい地域なので、

そういった意味で、報道回数も通常よりは

どうしても多くなり、それが負担になって

しまった可能性もありますよね。

 

フジテレビの提示額の金額が意外と

良かった可能性もありますね。

 

今後は、3月末でNHKを退社し、

フジテレビのニュース番組を担当

されるとのことですが、

公家風の落ち着いたアナウンスが、

フジテレビの社風とマッチするのかは

少々心配です・・(^^♪

 

スポンサーリンク


結婚はしているの?子供はいるの?

登坂アナウンサーの結婚の有無については、

非公開になっていますが、色々と調べて

みると、どうやら結婚はされているようです。

 

単身で札幌に赴任し、女性問題が発覚したと

噂が流れていましたが、本当のところは

分かっていません。

 

NHKさんはとにかく取材を徹底して

正確な情報を早期に出すので、

それなりにハードワークです(^^♪

そして、転勤は、3年ごとが普通です。

 

登坂アナウンサーのこれまでのNHKの

転勤歴をみてみると、

和歌山→大阪→東京→札幌→大阪→鹿児島

という放送局を異動していますね。

 

転勤は、単身だと意外と気楽で

地域の美味しい食べ物やお酒が飲めて

楽しいと聞いたことがありますけど・・w

 

性格によっては単身で知らない土地にいるのが

孤独で寂しいのかもしれません。

 

とにかく、登坂淳一アナウンサーが

フジテレビの夕方のニュースに起用

される訳ですから見逃せませんよね。

 

となるとこれまで夕方のニュースを

担当していた伊藤利尋アナウンサーは

今後どうなるの?という新たな課題が・・

 

これまでも、元NHKアナウンサーの堀潤さん

がフリーに転向して話題になりましたが

どうしてもNHKの印象が強く、

民法バラエティー番組に出演しても

違和感があったので、ほとんど

見かけなくなりましたよね。

 

ー関連記事ー

伊藤利尋の高校や大学など若い頃を調査!子供は英語力抜群?

馬場ももこが面白い!血液型や出身高校など学歴を調査!年収が気になる!

 

まとめ

色々な情報が交錯している登坂さんですが

髪が白髪のままの理由を調べたところ、

和歌山放送局時代に

「カレー毒物混入事件報道」が

かなりのストレスになり、毛が弱くなり

美容室で髪を染めて痛めないように言われた

ことがきっかけのようですね。

 

ということは、かなりデリケートなお方!

やはり麿(まろ)様といわれるだけあり

ますね(^^♪

 

本日も最後までご覧いただきまして

ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です